合同説明会は複数の企業が卒業予定者に対して企業の説明を行う会であると同時に、良い学生を見つける場所でもあります。
しかし、就職試験や面接とは異なり、基本的に企業の紹介をする場所なので、就職試験や面接とは異なる注意が必要になります。

第一に多いのが、自己アピールをすることに注力してしまう人です。

面接ではしっかりと自己アピールをすることが大切ですが、合同説明会に於いては企業の担当者と話をする機会があったとしても、基本的には聞き役に徹することが大切です。


企業は先ず自社のアピールをしたいと考えているので、その内容をしっかりと聞くことが大切です。



またこの際に質問を次々とすることも避けましょう。まずは相手の話を一通り聞くことが、相手に好印象を与えることに繋がります。

合同説明会では様々な企業が出席しているので、余り興味がないと思う企業についても、のぞいてみることが大切です。人気の高い企業は就職の倍率が高く、なかなか入社することは難しいものです。

逆にいろいろな企業の情報を知っておくほうが就職先を選ぶ際には選択肢が広がり有利です。



自分が良く知らない企業であっても、やりがいのある仕事が見つかる可能性も高いのです。


合同説明会に参加する際には、出来るだけ清潔な服装をして参加することが大切です。



いつどこで見られているかわからないという気持ちで服装と立ち振る舞いだけは気を付けておくべきです。

合同説明会で話をした担当者に面接の際に出会うことになるかもしれません。